menu
閉じる
  1. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  2. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  3. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
  4. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  5. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?
閉じる
  1. 奔放で結婚願望が薄い…12月生まれの結婚運
  2. 恋愛経験が豊富な11月生まれの結婚運
  3. 誰もが羨む高嶺の花…10月生まれの結婚運
  4. 身近に相手がいる可能性が高い…9月生まれの結婚運
  5. 恋愛には事欠かない8月生まれの結婚運
  6. 家庭運が強い7月生まれの結婚運
  7. 恋愛回数が多い6月生まれの結婚運
  8. 家庭的で結婚に恵まれている5月生まれの結婚運
  9. 4月生まれの性格や結婚運…相性の良い誕生月は?
  10. 3月生まれの結婚運 〜家庭運、結婚に恵まれた誕生月〜
閉じる

初めての恋愛・結婚占い-当たる占い師、ダメな占い師の違い

当たる電話占い

彼、彼女と喧嘩・対立した時の対処方法

恋人、結婚相手と生活を共にしていれば必ずと言っていいほど、喧嘩や対立が起こります。このようなトラブルが原因で別れたり、離婚になったりするカップルや夫婦は後を立ちません。人間は本来、個々の意見、考えがあるので長く時間を共にすればするほど、相手との違いを感じざるを得ません。

また相手と対立した場合は「勝者」「敗者」のように優劣を付けたがるのが人間でもあります。

もし男女関係で対立をした場合は考え方を改めるだけで円満な解決に導けるケースも存在します。

そこには「敗者」を作らせないことが大切。つまり「勝者」「勝者」といった関係性が生まれれば男女関係の喧嘩や対立を無事にやり過ごすことができます。

二人の要求を同時に満たす方法を模索する

例えば、彼、あなたが1つのボールペンを使いたい場合があるとします。この場合に1つのペンしかないので二人でどちらがペンを使うべきなのかを議論すると思います。

しかし、この結果では片方が必ずペンを使えない。つまり敗者になってしまいます。

二人が円満に物事を解決しているわけではないので、もしかしたら喧嘩、対立が起こりえる可能性が高いです。

そこで、どちらかがペンを使うか?といった議論の前にペンがなぜ必要なのか?を再確認してみましょう。

もしかしたら、どちらかが、ペン以外の方法で物事を解決することができるかもしれません。ペンを使う用途が高い方を相手に譲り、自分は違った方法を物事の解決を導けば二人の関係性は勝者の関係となり喧嘩、対立が生まれることはありません。

つまり、「見直し」を計ることが男女関係の間でもすごく重要な要素となります。

もし彼、彼女の間で対立関係が生まれた場合、物事の背景や根源を見直してみましょう。そして相手の言葉に耳を傾けて解決の道を模索するのが優秀です。

円満に解決できることで相手の評価も上がります。

そしてこの見直しをするテクニックというのは男女関連の間だけでなく、ビジネスや友人関係でも役に立つテクニックです。もし周囲と対立、喧嘩をしそうになったら必ず物事を見返して別の解決策がないか模索してみてください。

マスターすると冷静な判断ができるようになり、「頼れる・話のわかる人間」といったイメージを持たれてマイナスに働くがことがありません。

初めての恋愛・結婚占いで選ばれる電話占い

電話占いで悩みを相談

当たると評判の電話占いサービス
こちらでチェック!

関連記事

  1. 恋愛・結婚が長続きする相手の選び方

  2. 男女間で違う恋人、結婚相手に求めるファクター

  3. 初対面の相手に好感を持たれる会話術

  4. デートの最後に印象、想いを強くさせる心理テクニック

  5. 恋人・結婚ができない女性の特徴は「自分磨き」

  6. 寝相でわかる恋人の深層心理

おすすめ記事

  1. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  2. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  3. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
  4. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  5. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?

新着記事

  1. december01
  2. november01
  3. october01
  4. september01
  5. august01
ページ上部へ戻る