menu
閉じる
  1. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?
  2. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  3. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  4. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  5. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
閉じる
  1. 奔放で結婚願望が薄い…12月生まれの結婚運
  2. 恋愛経験が豊富な11月生まれの結婚運
  3. 誰もが羨む高嶺の花…10月生まれの結婚運
  4. 身近に相手がいる可能性が高い…9月生まれの結婚運
  5. 恋愛には事欠かない8月生まれの結婚運
  6. 家庭運が強い7月生まれの結婚運
  7. 恋愛回数が多い6月生まれの結婚運
  8. 家庭的で結婚に恵まれている5月生まれの結婚運
  9. 4月生まれの性格や結婚運…相性の良い誕生月は?
  10. 3月生まれの結婚運 〜家庭運、結婚に恵まれた誕生月〜
閉じる

初めての恋愛・結婚占い-当たる占い師、ダメな占い師の違い

当たる電話占い

【牡牛座】独占欲はほどほどに。深追いは命とりになります

dokusenyoku

牡牛座のあなたはおっとりしていてのんびり屋、とにかくマイペースの人です。

自分からはあまり積極的に動かないので、恋愛もどちらかというと受け身です。男性と付き合うことに対して慎重になってまうし、すぐに結婚と結びつけて考えがち。

けれども牡牛座は独占欲が強いので、いったん自分が手にしたものは、何がなんでも放したくないと思ってしまいます。相手をつい束縛してしまうので、疎まれることも少なくありません。嫉妬深さも牡牛座の特徴なのです。

そういった性格が、恋人との別れに結びつくことはしばしばあるでしょう。

嫉妬深さが身をほろぼすことに

好きだからこそ彼を独り占めしたい、私の方だけを見ていてほしいの!と思うのは恋する女性なら当然かもしれません。ですがそれも度を超すと嫌がられてしまいます。

たとえば彼が仕事上で付き合いのある女性と一対一で食事に行ったと聞いて、あなたはひどく機嫌をそこねます。彼にとっては仕事の話をしていただけなのに、妙に勘ぐられてはいい気分はしません。

でも、あなたは彼が言い訳をすればするほど疑ってしまうのです。

やがてケンカになり彼はあなたの嫉妬にうんざりし、「別れ」という言葉までチラつくほどに…

一度は別れても復活愛の可能性がある

あなたにしてみれば、好きな彼が自分以外の女性と二人きりなんて、想像しただけでもそわそわしてしまうのかもしれません。でもそれを顔や態度に出したり、ましてや疑うようなことを言うのはよくないです。そんなに信じてくれないのか、と彼に愛想をつかされてしまうでしょう。

確かに嫉妬は愛の証かもしれませんが、男性にとって痛くもない腹を探られるのは、決して愉快ではないはずです。

牡牛座は自分から追うよりも「待つ恋」にツキがあります。

またいったんはふられて別れても、復活愛の可能性があるのも特徴です。相手があなたの穏やかさや優しさに気づいて戻ってきてくれる、というチャンスが期待できるのです。

悩みを抱えて不安でいるよりは占いに頼ってみては?

しかし恋愛中は何かにつけて不安になりがちです。彼を怒らせてしまったけど仲直りはできるの?彼が戻ってきてくれ可能性はあるの? 私たち本当にもうこれでおしまいなの?…恋愛経験が決して豊富ではないあなたは、答えを見つけるのに必死です。

そんな時は一度自分の気持ちをリセットするためにも、占いを見てもらうというのはいかがでしょうか?

経験豊富な占い師があなたの悩みに的確にアドバイスしてくれます。迷いや不安を抱えているあなたに、ヒントを与えてくれることでしょう。

初めての恋愛・結婚占いで選ばれる電話占い

電話占いで悩みを相談

当たると評判の電話占いサービス
こちらでチェック!

関連記事

  1. 別れ話をしているカップル

    なぜ別れてしまったの?復活愛の可能性が知りたい!

  2. 【牡羊座】情熱的な愛も長くは続かないこともあり!

  3. tebin

    【天秤座】愛され運が強いだけに別れを経験するのは辛い…

  4. roman

    【乙女座】ロマンチックな恋を夢みるあなたは別れから立ち直るのにも…

  5. 【魚座】愛する人にすべて捧げてしまうあなたは別れは特に痛手

  6. yurufuwa

    【蠍座】すんなりとは別れられない、情の深い性格

おすすめ記事

  1. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  2. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  3. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
  4. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  5. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?

新着記事

  1. december01
  2. november01
  3. october01
  4. september01
  5. august01
ページ上部へ戻る