menu
閉じる
  1. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  2. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
  3. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  4. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  5. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?
閉じる
  1. 奔放で結婚願望が薄い…12月生まれの結婚運
  2. 恋愛経験が豊富な11月生まれの結婚運
  3. 誰もが羨む高嶺の花…10月生まれの結婚運
  4. 身近に相手がいる可能性が高い…9月生まれの結婚運
  5. 恋愛には事欠かない8月生まれの結婚運
  6. 家庭運が強い7月生まれの結婚運
  7. 恋愛回数が多い6月生まれの結婚運
  8. 家庭的で結婚に恵まれている5月生まれの結婚運
  9. 4月生まれの性格や結婚運…相性の良い誕生月は?
  10. 3月生まれの結婚運 〜家庭運、結婚に恵まれた誕生月〜
閉じる

初めての恋愛・結婚占い-当たる占い師、ダメな占い師の違い

当たる電話占い

【射手座】パワフルで行動は素早いが飽きるのも早い

iteza

情熱的で行動がスピーディーで、やるとなったらめいっぱいの集中力を発揮する射手座のあなた。

恋愛に関しても、ピンときた相手にはためらうことなく、自分から積極的に近づいていきます。電撃的な恋やひと目ぼれがとても多いのも特徴です。

いわゆる「魔性の女タイプ」ですが、性格はさっぱりしていて自由奔放。けれども一度飽きてしまうと急速に興味を失い、また別の相手を探しにいく、といった行動に出てしまいます。

ひと目ぼれや直感的な愛も長くは続かないことも

射手座のあなたは、自分が狙った相手は何が何でも自分のものにしてしまいたい、という性格です。

あなたのパワーに押されてたいていの相手は落ちてしまいますが、意外にもあなたはそこで急に興味をなくしたりするのです。集中力が続かず飽きっぽい性格なので、ゴール直前で自分からコースをはずれたり、などということがよくあります。

相手はあなたの気まぐれに振り回されるとになるので、注意しなければなりません。

また、あなたはスピードとスリルを好むタイプです。恋愛でもじっくりと愛をはぐくもうとする相手ではじれったいと感じ、あまり続かないかもしれません。

別れは次へのステップと考える

恋多き女と呼ばれる射手座なので、じっくり相手を観察するより直感でパッと選んでしまうことが多いでしょう。

それだけに失敗することもしばしばあります。けれどもパワフルな性格なので、凝りたり引きずったりはしません。

多くの出会いと別れを繰り返しますがめげることなく、情熱のままに突き進んでいくタイプです。周囲の誤解や嫉妬を生む原因になるので、関係はあまりオープンにはせずに愛を育てていくのもひとつの手です。

射手座にとって、別れは痛手になるというより次へのステップと考えることが多いでしょう。

それでも迷ったり悩んだりした時は…

自分の直感を信じて素早く行動する射手座ですが、それでも迷ったり悩んだりすることはありますよね。ひとりで悶々としたり不安を抱えているのが得意ではない性格ですから、そんな時も何とかしようと動きたがります。

だれかに話を聞いてもらいたいと思ったら、占い師に相談というのはいかがでしょうか?

答えを急ぐ射手座の性格にはとても合った方法だと思うのです。あなたの悩みや相談には占術に従って的確な答えを出してくれます。そうして得た結果は、自分の判断で次への行動に生かしてみてください。きっとうまくいくはずです。

初めての恋愛・結婚占いで選ばれる電話占い

電話占いで悩みを相談

当たると評判の電話占いサービス
こちらでチェック!

関連記事

  1. dokusenyoku

    【牡牛座】独占欲はほどほどに。深追いは命とりになります

  2. 【蟹座】惜しみなく愛を注ぐことが逆に相手を縛ることになりかねない…

  3. tebin

    【天秤座】愛され運が強いだけに別れを経験するのは辛い…

  4. 【牡羊座】情熱的な愛も長くは続かないこともあり!

  5. 腐れ縁!なかなか別れられない理由とは?

  6. 【魚座】愛する人にすべて捧げてしまうあなたは別れは特に痛手

おすすめ記事

  1. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  2. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  3. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
  4. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  5. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?

新着記事

  1. december01
  2. november01
  3. october01
  4. september01
  5. august01
ページ上部へ戻る