menu
閉じる
  1. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  2. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  3. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?
  4. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  5. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
閉じる
  1. 奔放で結婚願望が薄い…12月生まれの結婚運
  2. 恋愛経験が豊富な11月生まれの結婚運
  3. 誰もが羨む高嶺の花…10月生まれの結婚運
  4. 身近に相手がいる可能性が高い…9月生まれの結婚運
  5. 恋愛には事欠かない8月生まれの結婚運
  6. 家庭運が強い7月生まれの結婚運
  7. 恋愛回数が多い6月生まれの結婚運
  8. 家庭的で結婚に恵まれている5月生まれの結婚運
  9. 4月生まれの性格や結婚運…相性の良い誕生月は?
  10. 3月生まれの結婚運 〜家庭運、結婚に恵まれた誕生月〜
閉じる

初めての恋愛・結婚占い-当たる占い師、ダメな占い師の違い

当たる電話占い

若年結婚に高い離婚率を持つ2月生まれの結婚運

february01

世間の常識や建前といったことに縛られることなく、自由にふるまう2月生まれはとてもユニークな存在と思われているでしょう。人生に関しても波乱万丈な人が多いのですが、一体どんな結婚が待っているのでしょうか…

物にも人にもこだわらない性格

気まぐれなところがあり、子どもっぽくて変わり者などと言われる2月生まれ。少々理屈っぽいけれど物事にこだわらないタイプです。人を肩書きやレッテルで判断する、いうことはありません。

恋愛は熱しやすく冷めやすいのが特徴。

相手とはべたべたと密度の濃い関係は苦手で、飽くまでもクールで知的なつながりを望んでいます。物事にこだわらないのと同様、相手に対してもあまり執着心がない、とも言えます。ふられても後追いするようなことはなく、すんなり忘れて次の恋へと進んでいけるでしょう。

直感で相手を決めてしまう傾向あり

行動が速い2月生まれは、若いうちに結婚する傾向があります。迷ったり熟慮することがないので「この人だ」、とピンときたら早々に決めてしまうのです。ひと目ぼれもよくありますが、「運命の人に出会った!」などというより、もっと軽いノリのことが多いようです。

変わり者に見られがちですが、気さくな性格なので意外に友達は多く、SNSやネットも上手に活用します。そういったところから発展してゴールイン、というケースも。ユーモアのセンスがあり、おしゃべりが得意なので、最初はグループ交際から発展していくこともよくあります。

また、たまたまカフェで隣あわせた相手など、偶然の出会いから結婚に発展する可能性が高いのも2月生まれの特徴です。

早い年齢で結婚しなかったとしても、遅くなっても強い結婚運があるので大丈夫。その場合は電撃結婚や、授かり婚の可能性が高そうです。

結婚運は強い2月生まれ

軽いノリで結婚してしまう2月生まれですから、離婚率も高い傾向にあります。こうと決めたら1日でも早くしてしまいたいので、離婚の時の行動も思い悩んだりせずスピーディー。きっぱりと割り切れるので、気持ち的にも引きずったりはしません。

けれども結婚運が強いので、一度離婚しても再婚はおおいにあり得ます。可能性は十分に残されているのです。いつどこで、どんな出会いが待っているかわからないのです。

2月生まれととても相性がいいのは…2月、4月、8月生まれ。次に相性がいいのは、6月、10月生まれになります。

逆にイマイチなのは1月、3月生まれです。

初めての恋愛・結婚占いで選ばれる電話占い

電話占いで悩みを相談

当たると評判の電話占いサービス
こちらでチェック!

関連記事

  1. august01

    恋愛には事欠かない8月生まれの結婚運

  2. 結婚後の運勢は変わる?結婚後の自分を知りたいときにはこの占い

  3. december01

    奔放で結婚願望が薄い…12月生まれの結婚運

  4. october01

    誰もが羨む高嶺の花…10月生まれの結婚運

  5. june01

    恋愛回数が多い6月生まれの結婚運

  6. この人と結婚しても大丈夫?恋愛から結婚への可能性は?

おすすめ記事

  1. 精度の高い占いをしてもうらための事前準備とコツ
  2. 占いの鑑定料金の相場ってどのくらい?
  3. どうすればいいの?電話占いでの占い師の選び方!
  4. 電話占いってなに?メリット&デメリット
  5. 当たる?当たらない?本当にスゴイ占い師とは?

新着記事

  1. december01
  2. november01
  3. october01
  4. september01
  5. august01
ページ上部へ戻る